焼來肉ロックフェス

チケット購入

新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン

新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン

「焼來肉ロックフェス」では、新型コロナウィルス感染症の予防と感染拡大防止及び、お客様・出演者・スタッフの安全を確保するべ く、 下記のとおり感染症対策ガイドラインを定め、対応に最善を尽くして参ります。 チケットのご購入ならびにご来場に際しまして は、下記の内容を必ずご確認いただき、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • ※ご協力をいただけない場合ご入場をお断りする、または退場して頂く場合もございます。その場合、チケット代金等の払い戻しは致しません。
  • 本ガイドラインは、主催者の円滑な運営を目的とする場合や、感染状況・政府の方針等を踏まえ更新される場合がございます。


会場内の感染症対策のお願い

◆会場内では必ずマスクの着用をお願いいたします

会場内では飲食時、及び喫煙時を除き常時マスクの着用が必要になりますので、ご来場の際はマスクをご持参ください。
着用いただけない場合はご入場いただけませんので予めご了承ください。
但し、熱中症防止対策の観点から、会話の無い状態 でればマスクを外して頂いてもかまいません。
会話をする際は、マスクの着用をお願い致します。

◆こまめな手指消毒にご協力ください

会場内各所に消毒アルコールをご用意しています。ご利用ください。

◆声援や合唱など、大声を出す行為はお控えください

手拍子や拍手など、身体を使ったジェスチャーでライブで盛り上げてください!!!
※ほかのお客様のご迷惑にならないようご注意ください。

◆会場内での飲食について

  • 飲食時の感染対策マナーの徹底にご協力ください。
  • 食事前には手洗い・消毒をお願いいたします。
  • 飲食物の食べ歩きは禁止いたします。
  • お食事はフードエリアでおとりください。
  • 会場にお持込み頂ける飲み物はソフトバンク(ペットボトル)のみです。
     アルコールの持ち込みは禁止です。
    水分補給はどのエリアでも可能です。水分は十分におとりいただき暑さ対策体調管理を行って下さい。
  • 体調管理を行って下さい。
  • 飲食ブース出店者におきましても、主催者の指示のもと適切な感染症対策を講じます。
  • 手ぶら焼肉のガイドラインについてはこちらをご覧ください。

◆ソーシャルディスタンスの確保にご協力ください

入退場時・会場内においてはソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。
また会場外でも密の回避をお願いします。
お客様が密集しているなどの感染リスクの高い状況があった場合、スタッフよりお声がけをさせて頂くことがございます。
また、ライブエリアへの入場を規制させていただく場合がございます。

◆会場でのグッズ販売について

公演当日は公式グッズの販売を行いますが、事前通信販売もご利用いただき会場の混雑緩和にご協力ください。



入場の流れ

ご入場時に検温を実施いたします。マスク着用の上、お越しください。
検温→手指消毒→持ち物荷物検査→チケットもぎり の流れになります。
37.5°C以上のお客様は、救護室にて再度検温をさせていただき、看護師の判断によってはご入場をお断りする場合がございます。
手指消毒にもご協力をお願いします。
飲酒をされている場合は検温を正しく計測できない場合がございますので、飲酒はせずにご来場ください。
ご入場時に飲料の持ち物チェックをさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。
体調不良がみられるお客様はご入場いただけません。
また、個人的な体調不良によるチケットの払い戻しは致しかねます。
日頃から感染症対策を行っていただき、公演当日まで体調管理に努めていただきますようお願いいたします。
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のインストールにご協力ください
App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。

  

下記に該当されるお客様はご入場をお断りいたします。

  • ご自宅/宿泊施設出発時や入場時の検温時に発熱(37.5°C以上)がある方
  • のどの痛み、頭痛、関節痛、息苦しさ、息の吸いづらさ、咳、下痢、結膜炎症状、味が薄く感じる、  味覚障害などの症状をお持ちの方
  • 新型コロナウイルス陽性判定を受けている、医師に自宅待機指示を受けているお客様
  • 新型コロナウィルス感染症陽性とされた方との濃厚接触があるお客様
  • 同居のご家族や身近な知人に感染が疑われる方がいらっしゃる方
  • 2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への渡航、  ならびに該当国の在住者との濃厚接触がある方


スタッフ・出演者の感染症対策

  • すべてのスタッフや関係者へ、検温・健康状態のチェックを実施いたします。
  • 発熱等の体調不良が確認された場合、その者は業務に就きません。
  • 飛沫感染の防止として、マスク、セクションによってはフェイスシールドを着用して業務を行います。
  • 会場来場時、滞在時等、こまめな手指消毒を行います。
  • 出演者につきましても検温・健康状態のチェックを実施いたします。出演時、飲食/喫煙時以外は、マスクの着用を義務づけます。
  • その他、異変が起こった場合、ただちに保健所など保健行政機関や近隣医療機関と連携し、  アーティストとスタッフの健康と安全を確保する策を速やかに講じます。