焼來肉ロックフェス

ARTIST

DATA:2017.08.01 Tue     
CATEGORY アーティスト

出演アーティスト情報【EACH OF THE DAYS】

 


2007
年に結成された、名古屋出身の6人組メタルコアバンド、EACH OF THE DAYS

その圧倒的なライブパフォーマンスが各方面で話題を呼び、デモ楽曲の”THhe Distortion”2009年にソリッドシチュエーション・スリラー映画として世界中で人気を得ていた「SAW6」のサウンドトラックに唯一の日本人バンドとして参加。その勢いでワールドパッケージツアー「TASTE OF CHAOS」に新人ながら出演し、堂々たるパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

2011年3月9日に待望の1stアルバム「Sweet Carrion」を「HOWLING BULL」からリリース。UNEARTHの来日公演時にボーカルのTrevorに見初められ、彼が主宰するレーベル「IRONCLAD RECORDINGS」からアメリカでのリリースが決まり、アメリカおよびアジアツアーも敢行した。UNEARTHTHE BLACK DAHLIA MURDERIN FLAMESAUGUST BURNS REDHEAVRN SHALL BURNといった様々な海外アーティストのサポートアクトを務め、国内ではONE OK ROCKcoldrainCrossfaithRIZEPay money To my PainSiMHERNAMEINBLOODCrystal LakeFear, and Loathing in Las Vegas等、同世代のリーディングバンド達との共演も果たし、全てが順調に進んでいた矢先、不幸が起こった。

201312月、ツアー中に高速道路でトラックとの衝突事故に遭い、ボーカルのNorioが腰椎、尾てい骨を骨折する大怪我に見舞われ、全ての活動を停止。ドラマーとベーシストの脱退。

1年余りの歳月に再生の時を費やし、彼らは不死鳥のように蘇った!2015年のUNEARTHとの全国ツアーを経て、12月に2ndアルバム「Rebel City」をリリース。現在は4人体制でライブを行ない新境地を開拓中。そして2017年は結成10年となり、新曲3曲と既存曲のアコースティックバージョンを含む計4曲のEP “THE FUTURE IS ART OF DYING”をリリース!

アグレッシブかつテクニカルなギターサウンドに思わず体が反応してしまうようなリズムワーク、スクリーミングとクリーンボイスを巧みに使い分けたボーカル、その叙情的かつ記憶に残るメロディラインとコーラスワークを生かしたメタルコア・サウンドを武器に、全国のライブハウスを挑発中だ。


【主 催】焼來肉ロックフェス実行委員会・WakamonoBIZ.wave
【共 催】飯田市・飯田下伊那食肉組合・IIDA WAVE

  • 【協 賛】
    南信州畜産物ブランド推進協議会、綿半ホールディングス(株)、飯田商工会議所、(有)吉清、(株)飯田まちづくりカンパニー、キリンビール(株) 長野支店、鉢植えブルーベリーショップ、マルマン(株)、信州セキュアフーズ(株)、神稲建設(株)、飯田信用金庫、(有)メガテン、(有)レインボー企画(ドッグライフショップ リボン)、明和工業(株)、(有)田月、上郷木材(株)、南信スバル(株)、嘉山建工(有)、(株)エフプラス、アイホールいとう、(株)飯田マツブツ、下伊那日通プロパン販売(株)、(有)関島新聞店、trackwork(株)、アップルキャブ、アイタクシーグループ 朝日交通(株)
    【協 力】
    天恵製菓(株)、飯田エフエム放送(株)、革泉、平安堂飯田店・座光寺店、TSUTAYA座光寺店、藤井興業(株)、コーシン工業(株)、映画「いつくしみふかき」、(株)トライテント、(有)竹原運送店 飯田空撮
    【後 援】
    上郷地域まちづくり委員会、飯田市上郷観光協会、飯田市教育委員会、飯田観光協会、信濃毎日新聞社、中日新聞社、南信州新聞社、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、ABN長野朝日放送、長野エフエム放送、(株)飯田ケーブルテレビ、週刊いいだ、中日飯田ホームニュース、月刊・タウン情報いいだ、OASISU、月刊まじめ、A-FILES、月刊かみいな

※2017年9月11日現在の情報です。

SPOCER PRESS KIT

焼來肉ロックフェス2017 in 南信州・飯田は
長野県 地域発 元気づくり支援金を活用しています。